巣鴨餃子とは
巣鴨餃子は、巣鴨にある中華食堂「清緑園」の看板メニューです。
清緑園は巣鴨にある本格中華食堂です。
横浜中華街にある有名店のレシピをベースに、日本人のお客様にもっと喜んでもらえるよう味や調理方法を改良し続け、優しくて繊細な日本の料理に近い、脂っぽくない優しい味の中華料理を実現しました。
中でも、店主が子供の頃に祖母に作ってもらって食べた餃子の味を再現した「巣鴨餃子」は多くのファンから支持され、今や巣鴨の名物に。

清緑園の巣鴨餃子は、厳選した国産材料を熟練した職人がひとつひとつ手作業で切り、包んでいます。
そのため、機械で大量生産された餃子では絶対に出せない食感を実現しています。
普通の餃子はひとつの重さが約15グラム程度ですが、清緑園の巣鴨餃子はなんと30グラム。
しかも餡にしっかりと旨味凝縮させているため、何も付けずにそのままお召し上がりいただくのが一番おいしい食べ方です。
醤油を付けても美味しいのですが、柚子胡椒や黒酢でお召し上がりいただくと餃子の旨味を強く感じる事ができます。
ぜひ一度お試しください。

清緑園公式サイト:https://seiryokuen.jp
巣鴨餃子公式サイト:https://sugamo-gyouza.jp/